でんわり

万が一情報が漏れても安心な情報セキュリティ対策

PCにインストールするだけ、「暗号化」よりも安心・安全な情報セキュリティーツールです。

現状のセキュリティー対策の課題

・もしも不正アクセス、マルウエア感染で機密情報が漏洩したら・・・
・もしもメールから情報が流出したら・・・
・もしも外出先や自宅で、PCやUSBの紛失、盗難が起きたら・・・
・もしもファイルサーバーがダウンして復旧できなかったら・・・

  • もしも不正アクセス、マルウエア感染で機密情報が漏洩したら・・・
  • もしもメールから情報が流出したら・・・
  • もしも外出先や自宅で、PCやUSBの紛失、盗難が起きたら・・・
  • もしもファイルサーバーがダウンして復旧できなかったら・・・

電子割符が全て解決します!

電子割符とは?

原本ファイルを複数の"無意味な"割符ファイルに分割・保存

分割した割符ファイルは無意味なファイルで、それ単体では復元できません。
割符ファイルは無意味なファイルですので、それが流出しても重大インシデントにはなりえません。

基礎技術供給元 : グローバルフレンドシップ株式会社

機密情報を安全に保存できる

災害や障害発生時に割符ファイルの一部が失われたとしても、設定した条件を満たせばデータを復元できます。

暗号化よりも安全な電子割符

暗号化したデータは、データに鍵をかけて解読できないように処理しています。
暗号化されたデータが流出した場合、時間をかけることにより解読される可能性があります。
そのため、暗号化データは流出した時点で、重大インシデントとなりえます。
一方、電子割符は、原本データをビット単位でバラバラにして、さらにそのデータに意味のないデータを混ぜて、
それを分割してデータの断片として保管するために、現状においては、実質上解読できません。

  暗号化 電子割符(秘密分散技術)
処理方法 原本情報をすべて反映させた変換データを生成 原本情報をビットレベルで分割・分散して割符を生成
逆変換の可能性 可能性を否定できない
・暗号キー解読時間の短縮
・公知ではない逆変換手法の存在の可能性
割符ファイル単体からは原則的に不可能
・無意味なファイルに分割し、保存
個人情報か否か 暗号化ファイルは個人情報に該当する 割符ファイルは個人情報に該当しない

電子割符(分割~復元)の流れ

どのような経路でも、安全を確保します。

簡単な操作性

ドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で、割符データとして保存できます。復元する際は割符データとして、
分散保存されていることを意識することなく、通常のファイルを扱う感覚で利用できます。
ファイルの編集も通常と同じように、ファイルをダブルクリックで開き、上書き保存すると自動で割符化し、あらかじめ指定したストレージに保存されます。

クライアント端末に機密情報を残さない

割符後、原本ファイルは自動削除されるので、クライアントPCに機密情報が残りません。クライアントPCの
管理負担が減り、クライアントPCの紛失や盗難が発生しても情報漏洩の心配はありません。

電子割符のソリューション事例

テレワーク導入の課題を電子割符が解決

時間と場所にとらわれない、テレワーク。少子化・高齢化に伴い、テレワーク就労の需要は今後ますます高まることが予想されます。
最小限の初期投資で、確実なセキュリティ・簡単な運用

メールでのファイルの移送

資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
03-3454-8251
Webからのお問い合わせはこちら
資料請求・お問い合わせ